がに股でもチャリは漕げる

加齢なおじさまのロードバイク整備と運行記録

ドッペル402s、ムスメに引き継がれる

このブログはブログランキングに参加しています、よろしければ↓のバナーをクリックして頂けると今後の励みになりますので、ご協力を宜しくお願い致します。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ



f:id:yamavanilla:20170626115609j:image

自転車にのめり込むきっかけを作ってくれたドッペルギャンガー402s。

 

後々色々カスタムするつもりで、小柄なGany_kは、650cサイズをチョイス。
がしかし、おかげで各パーツ調達の難易度はいきなりレッドゾーン(素人なぼくは650c向けの足回りパーツ入手が困難なことを知らなかった)。

 

カスタムどころか純正のまま乗りつぶす(と行ってもスペアタイヤの選択肢すらほぼない)か、650C用の高価なホイールなどで武装するしかない。

 

もはや乗りつぶす覚悟で雨の日仕様にするも、わざわざ雨天に乗り回して車体を痛めなくてもローラーの方が鍛えられると悟り、車庫で眠る日々が続いていた402s。

 

 

オクなどで売っ払おうかとも考えたけど、自転車の楽しさを教えてくれた402sを簡単に手放す気にはなれないでいた。

 

 

ふと、ムスメに跨らせてみる。

んん?!若干オーバーサイズだけど、これから身長も伸びるだろうし、ストイックにサイズ合わせとく必要もないんでない?

 

ってことで、ついに選手交代。

 

402sはめでたく次のライダー、Gany_Kムスメへと引き継がれたのでしたw

 

 

ただ、、、我が子達は頭の小さい(脳の容量もwww)嫁さん体型。

小学生以上用ヘルメットのサイズでもブッカブカな小5の彼女は、現在幼児用を着用しております。

 

幼さの残るデザインで、さすがにここまで見た目が本気っぽい402s(バーハンだけどディープリム…)に似合わない。

ちょっとレーシーだけど若干大きめな幼児用をポチって着弾待ち。

 

チャリよりヘルメットが大きすぎないか心配な父でした。