がに股でもチャリは漕げる

加齢なおじさまのロードバイク整備と運行記録

長男くん、PTA自転車教室→いよいよ公式にサイクリストデビューするの巻き

ブログランキングに参加しています、よろしければ↓のバナーをクリックして頂けると今後の励みになりますので、是非是非ご協力を宜しくお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


シーズン到来ですが多忙で相変わらずゆるポタが限界のGany_kです。

まったく乗れてないわけじゃないけど、最近晴れの休日は家族で、近所にポタるのが定番になりつつある我が家。

 

長男くん、この辺は小学3年生から自転車解禁ではありますが、公式にはPTA主導の自転車教室が終わってはじめて学校から許可がおり、さらに親からのOKが出てから単騎路上デビューが認められます。

 

昨日はその自転車教室に行ってきました。

f:id:yamavanilla:20180527093651j:plain

毎度おなじみの自動車教習所が会場です。この教習所は20年前に大型免許取得の際にお世話になった母校でもありますが、あまり記憶にないです…。

数年前に長女ちゃんの自転車教室でもきているので、その記憶がうっすら残っている程度かな。

 

会場まで自転車で来場する場合、一応教室開始前は(自転車はおりて)徒歩、教室終了後に乗って帰っても良いということになっていたようですが、フツーに乗ってっちゃいましたスミマセン。

 

座学+実技講習の前に、トラックの左折巻き込みデモンストレーションがあり、子ども達はもちろん、保護者の親御さんの度肝を抜く演出もぬかりありません。

 

f:id:yamavanilla:20180527093722j:plain

その後数班に別れての講習となりましたが、子ども達はどこまで理解したのやら。

帰り道の長男くんの走りを見る限りでは、あまり役に立ってるようには見えなかったのが、我が子ながら残念です…。

 

とはいえ、こうした取り組みは、ないよりあるに越したことはないのかなと思います。

 

日本はどうしても車最優先の意識が強いように思います。

 

若かりし頃のぼく自身がまさにそうで、随分身勝手な運転をしていたんだなあと、今思えば情けなくもあり、猛省しています。

 

何はともあれ、晴れてサイクリストの仲間入りを果たした長男くん。

是非安全運転を心がけ、何よりも周りに配慮できるよう、指導し続けていきたいと思います。